関連資格

中小企業診断士と英語力。ちょっと出来るだけでも稼げる理由。


ぜっとです。海外駐在経験あり、英語ペラペラ、現地のコネクションもある、
そんなスーパーマンばかりではないと思います。
この記事の対象者は以下のような人です。

  • 英語は話せないけどTOEICはそこそこ取れる

まさに僕みたいな人。
結論から言うと、英語は役立つし、稼ぎに直結します。
中小企業診断士副業したくて
英語が「ちょっと」出来るあなたも関係ありますよ。

中小企業診断士と英語力

会計系コンサルで役立つ

別の記事で、診断士は簿記2級を取れという話をしました。

中小企業診断士が取るべき関連資格は簿記2級【理由あり】 ぜっとです。中小企業診断士の関連資格の中で一番おすすめは簿記2級です。 ちゃんと理由があります。 副業したい人、独立開業済の人も...

簿記2級を取るべき理由を一言でいうと・・

  • 会計士の高単価のコンサル案件が受注しやすくなる

会計士がやる大企業向けの会計コンサル案件の場合、
英語を必要とする場面が出てきます。
大企業には国内・海外連結子会社に
月次業績、年次予算計画を提出させる財務諸表のExcelがあります。
このExcelを連結パッケージと言います。
この連結パッケージは基本的に英語です。
なぜなら、海外子会社にも配るからです。
英語で作った方が配るのも集めるのも楽なわけです。
現地法人のローカルスタッフが
数字を入力して
海外駐在している日本人マネージャーが
数字を確認して本社に提出するみたいなことを毎月やってます。

資料が全部英語なので
当然、英語が読めて理解出来る人間が必要になるわけです。

ちなみに打ち合わせするのは
本社の財務部の日本人なので
英語は話せなくて大丈夫です。
一緒に仕事する会計士も大抵英語は話せません。

診断士で簿記2級に合格していれば
財務諸表を理解出来るでしょう。
さらに英語が出来れば差別化になります

TOEIC 800点取ろう


TOEIC800点取りましょう。
800点あれば、英語がそこそこわかる人だと思われて
仕事が受注しやすくなります。

僕は、診断士、簿記2級、TOEIC800超、ITストラテジスト
持っていたおかげで
独立している会計士と大企業向けコンサル案件を一緒にやり
実績と経験を積むことが出来ました。
もちろんお金も稼げました。

瞬間風速的でも良いので英語力を上げて
人生で1回TOEIC800点取って下さい。

例えば、会社で英語を使う部署にいる時、
英語力は瞬間的に上がっているはずです。
そんな時は面倒ですが貴重な土日を
1日つぶしてTOEICを受けましょう。

会社でTOEIC IPが受験出来るならIPでもOKです。
大学院等の進学でスコアを使うわけではないのでIPでも関係ありません。

僕はサラリーマン時代、
海外営業に従事していた時、
毎日英語を使ってました。
その時にTOEICを受けたんです。

独立した今、800取れるかと言われたら
多分取れませんが、
昔取ったおかげで今も仕事に生きてます。
画像の僕のスコアは2015年と古いですが、1回も突っ込まれたことありません。

まとめ
  • 会計系コンサルでは英語を使う
  • TOEIC800超なら仕事に繋がる
  • 1回でいいからTOEIC800点取る
  • TOEICに限らず、会社員の人は
    自分の能力を
    客観的に保存する癖をつけましょう。


    後で役に立つときが必ず来ます。

    TOEIC 800点の取り方

    各Partの問題を解き出題形式に慣れるのが重要です。

    オススメはCMのスタサプでお馴染みの
    スタディサプリENGLISH TOEIC®対策です。

    カリスマ講師 関先生
    「世界一わかりやすいTOEIC® L&R TESTの授業」を受けてみましょう。

    スキマ時間を活用出来る
    スタディサプリENGLISH TOEIC®対策
    7日間使える無料体験が出来ます。

    費用を最小限に抑えるコツは
    短期集中で一気に勉強することです。

    人生で1回TOEIC800点取る価値はあります。

    多少お金がかかっても、
    後に転職でキャリアアップしたり、
    副業でコンサル案件受注すれば
    余裕で取り返せますよ。